過去3度のフルマラソンはすぺて4時間オーバー。しかも、1ヶ月前に走ったオホーツクマラソンは4時間33分。

そんなランナーが真夏の北海道マラソンで4時間を切ろうと奮闘している。

 

自分自身が一番信じられなかったが、1ヶ月ほど前から始めたLSDトレーニングと新たに購入したシューズとインソールのおかげだろう。

今までのフルマラソンでは30キロ以降はほとんど歩いていたのだから言うまでもない。

 

南一条通から駅前通を曲がった頃、たぶん私のペースはこの日最高潮に達していた。キロ5分を切るどころか、4分10~20秒くらいのペースで周りを歩いているランナーをぐいぐい抜き去りゴール地点である中島公園へと入った。

中島公園に入ると沿道の応援はもの凄く盛り上がっていた。そんな声に押されるように、ゴール目前の私は歯を食いしばって走り、ゴールラインを通過した。

 

タイムはなんと3時間53分

 

前回のフルマラソンから40分もタイムを縮め、私は感動で目がウルウルしていたが、走り終わると急に寒くなった。小雨交じりの夕方なのだから無理もない。

しかし、荷物を受け取って着替えようと思ったが、ついさっきまで全力で走っていた私の足は完全に棒のようになっていた。着替えが出来ないほど足がパンパンになっていたのでこれはヤバイと思い、近くで配っていた氷を足のアチコチに当ててまずはアイシングに努めた。

そんなことしか出来ない状態だった。

 

するとたまたまとなりで同じようにアイシングしていたたおじさんが「何回目ですか?」と話しかけてきて、「次の大会はどこですか?」などとマラソン談義はしばらく続いた。

やはりスポーツ選手というのは爽やかだ。全く知らない人とでも、同じ達成感を共有できるというのはとても嬉しいことでもあった。

 

そんな私も遂にフルマラソンで4時間を切ることが出来た。この完走要因の3割は練習、7割はシューズのおかげと思っている。もちろん忘れてはならないのはインソールを作っていただいたアスリートクラブの存在である。

 

実は以前にも登場したY氏は、全く同じ日に北海道の留萌支庁管内で行なわれていた国内最長距離の「オロロンライン国際トライアスロン」を完走していた。

「世の中にはそんな恐ろしい人が居るんだ」

と感心するばかりだったが、まさか一年後に自分がその大会に出ることになるとは…

 

 

 

 

そして「トライアスロンへの道」へ続く