30歳を過ぎると急に体に色んな変化が起きるものだ。特に気になるのがやはりお腹回りである。

22歳の頃47㎏だった私は、30歳を過ぎた途端…体重は60㎏近かった。もちろんお腹の肉はしっかりとつかめるし、着れないスーツどんどんが増えていた。

「これはマズイ!」

誰でもそう思うだろうし私もそう思い「何か運動をしなければ…」と思い始めた。

 

そして考えたのが、当時流行りはじめていた「ウォーキングダイエットだ」と鼻息も荒く夏の暑い夜長をサンダルを履いて私は近所を歩き始めた。有酸素運動は20分以上続けないとダメだ、ということが言われていたので私も30分位自宅近所を歩き回った。

 

ウォーキングを終えた私の感想は、

「なんだか退屈でつまんない」

「これじゃあ時間がもったいない」

と、いまいちしっくりこない感触でした。

 

そうなると何か他の方法を考えだすのが、私の良い所であり悪い所でもある。翌日の夜、私は普段履いている運動靴でなんとジョギングを始めたのだ。

 

 

 

前日、地道にウォーキングをしているのがもどかしくて、ジョギングすることを決意した。

家にあった運動靴を履き、事前に車で測った距離で「まずは4㎞走ろう」と誓い我が家を出発した。始めは軽快だった。その日は確か土曜か日曜の夕方でまだ日差しは暑いくらいだった。しかし、2㎞前後から体に異変が起きた。

「足が痛い…」

どこがどう痛いのかはわからないがとにかく痛い。

 

そしてさらに、

「呼吸がつらい」

「心臓がバクバクする」

次々と出てくる様々な体の異変に、最初の勢いは見る影も無くなっていた。

さらに少しすると走る体力も気力も完全になくなり、遂に歩き出してしまった。まだ3㎞にも達していない。

 

「こんなバカな!」

 

キリの良い5㎞にしようと思っていたのを安全策をとって4㎞にしたのに情けない。しかし、その情けなさを覆すだけのものは何も残っていなかった。

自宅までの残り1㎞以上を、半泣きになりながら歩いて帰ったのは言うまでも無い。