初めて4kmを走りきった翌々日。この日もいつものように仕事を終え帰宅した私は少し考えた。

「この筋肉痛を抱えたまま、また走っていいものだろうか?」

 

しかしこの日の朝、激痛でおかしな声を出した時よりは幾分収まった感はある。

「よし、この前よりペースを落として走ろう」

そう誓った私は早速走る準備をして早速外へ出てスタートした。

 

筋肉痛を抱えたまま一歩二歩と足を進めるうちに、筋肉痛はだんだんしびれに変わっていた。

「この感触は何だ!」

よく解らないまま、とにかくその日も4km走るしかなかったが、2km、3kmと走るうちに足のしびれが再び痛みに変わってきた。

 

そして4kmのゴールを迎えた私はタイムを見て驚いた。なんとこの日のタイムは「23分30秒」(確かこのくらい)

前回初めて完走した時よりも1分もタイムが縮まっていた。前回と同じペースで走ったつもりなのに…

「長距離走というのは奥が深い」改めてそう感じた。

 

何とか4kmを24分以内で走れるようになり私は少し自信が付いた。もちろんその頃は「速く走る」ことが目的ではなかった。

本来の目的である「ダイエット」を達成するには、『速く走る』ことより『長く走る』ことの方が重要なのだろう。そう感じながらもその時の私は少しずつ「速く走る」ことに興味を持ちはじめていた。

 

それからの私は徐々にペースを上げることが楽しくなっていた。4kmでキロ5分切るのも時間の問題だった。それから数回4kmを走り遂に私は20分を切った。その頃の私はまさに「走る」ことが楽しかった。

そして、走る距離を4kmから5kmに伸ばし5kmでも25分を切った。

 

「走るってなんて楽しいんだろう!」

 

そう思った私は「10kmくらいのレースに出てみたいなぁ」と漠然と思うようになっていた。