初めてのレースでスタートを切った私は、まず自分のペースでしっかりと完走することを心がけた。

 

大会の3日前に唯一走った10kmのタイムは49分37秒。と言うことは今大会の目標を49分以内くらいに考えて、5kmを24分前半で通過出来ればいいかな…と思っていた。

スタートはかなりの人数だったので正直言って自分のペースを確保するのは至難の業だ。しかし、そんなことを考えているうちに既に5km通過の看板が見えてきた。

 

「えっ!もう5kmなの?」

 

自分でもあっという間だったのでビックリしたが、時計を見るとなんと23分半くらい。おっと、このままのペースだと間違いなく自己ベストを更新してしまう。

「果たしてこのペースで最後まで持つのか?」

そう考えた私はなかなかペースを上げられなかった。しかし、記録は出したい。そんなジレンマに襲われながらもとりあえずそのままのペースを守った。

 

そして遂にゴールは近づいた。

競技場の中に入ると目の前に見えるのは大きなゴールゲートと時計表示。私は残り100mを全力で走った。

足はまだまだ全然軽かった。あと10m、あと5m…

 

「やったー!無事にゴールできた」

 

タイムは47分37秒。

 

初レースなのに練習で出した事がないタイムを出した。

「なんて気持ちいいんだぁ!」

 

このゴールゲートをくぐるのが少し快感だった。

「また走りたい」

 

ただそう思った初レースだった。