初めてのジョギングで、たった2㎞しか走れなかった私はそれから少しへこんだ。というより、足がパンパンに張ってとても走れる状態ではなかった。

とりあえず足全体に湿布を貼って2、3日は軽く足を引きずりながら回復を待った。

 

それからはまず足に筋肉を付けることを頑張った。スクワットを毎日100回、腹筋を50回、背筋を30回、腕立て伏せを30回。

回数は全然少ないが、「継続は力なり」という言葉だけを信じて毎日欠かさず筋トレを続けた。

こう見えても私、実は小学生の頃プロレスラーを目指して、スクワットを500回、腹筋を300回、背筋を200回、腕立て伏せを300回。これを毎日のようにやって筋肉はモリモリ発達し体重は60kg近かった。小学生なのに今より重かったのだ!

 

最初のジョギングから2週間ほど鍛えた私は再びジョギングを再開した。最初に走ろうとした4㎞をリベンジだ!

足がボロボロになり室内練習を余儀なくされた私は、スクワットでやや張りの出た足を試すべく4kmのリベンジジョギングを開始した。

まだまだ体型自体は2週間前とほとんど変わらない。しかし、今は意気込みが全く違う。4kmどころか2kmちょっとしか走れなかった悔しさは、私のプライドをズタズタにした。

とにかく4kmをしっかりと走らねば!そう誓った私は黙々と走りつづけていた。

 

前回異変が起きた2km過ぎ…足はまだ何ともない。息は多少荒いが、心臓はまだ行けそうだ。

前回完全に歩いていた3km地点…足も心臓も何とも無い。息はやや荒さを増してきたがあと1kmだ!

少しペースを落ち着かせて確実に完走できるようにしよう。ここまで来たら何が何でも歩かずに4kmを走りきらなくては。

 

ゴール地点の自宅が近づいてきた。

遂に足と心臓も異変が出てきた。足は太ももがパンパンになり、心臓は「バクバク」が目立つようになってきた。息は完全に「ぜーぜー」言っている感じでこれ以上走るのはかなりつらい感じだ。

遂に4kmゴール地点の自宅に着いた。私は単なる練習にも関わらず、思わず両手を挙げてゴールインした。

タイムは「24分30秒」(位だったと思う)

1kmあたり6分は切れなかったが、初めて完走した4kmなんだからタイムなんてどうでもいい!

 

「やったー!遂に4kmリベンジだぁぁ」

 

と誰に言っているのかわからない意味不明なひとりごとをつぶやく私だった。