初めてのレース、10kmマラソンを快走した私は調子に乗り

「これならハーフも間違いなく行ける!」

とかなり自信過剰になっていた。

 

そして、私は勢いに乗り1ヶ月後にあるハーフマラソンの申し込みをした。

 

それからの練習は10kmを繰り返し走る練習に変わった。しかも当時はただひたすら1kmを5分ペースで走るペース走ばかり。もっとバリエーションを考えた練習をすれば良かったのだろうが、当時の私にそんな知識はない。

今なら、ハーフマラソン(21.0975km)を走るのだから15~20kmの練習をすべきとなるのだろうが、前回の10kmレースを軽快に走れたことで「10kmをしっかり走ればハーフなんて余裕だよ」と本気で思っていた。

 

そして迎えた人生初のハーフマラソン。その大会名は「さっぽろ祭りマラソン」

「私のハーフデビューには最高の大会だ!」と思い、私はスタートラインに立った。

 

いよいよ人生初のハーフマラソン、そのスタートラインに立ってしまった私。

 

これまで10~12kmの練習を、1キロ4分30秒~5分くらいのペースで重ねてきたので正直言って自信はあった。

「練習通りに走れば1時間40分位だろう」そんな安易な予想をしながら号砲とともにスタートを切った。

 

スタート直後から10キロまではいいペースだった。5キロを22分台、10キロを45分台でクリアした私は、

「これは間違いなく目標をクリアできる、余裕だな!」そう思いながら走っていると12~13キロ辺りで体に異変が起きた。

 

いつもの練習距離を超える世界に入った途端、そこにはまさに「別世界」が待っていた。

 

呼吸はまだまだ大丈夫、しかし足がおかしい。何かで足を縛られたような痛みが出てきた。そのまま私はズルズルとペースを落とし、15キロ辺りからは遂に走れる状態ではなくなっていた。

 

私はとうとう歩いてしまった。

 

「あぁ、情けない。あんなに自信があったのになんだこれは?」

走れない自分が悔しくて情けなくて私は少し涙ぐんでしまった。

 

そんな私をよそに前半で抜かしたと思われるランナーたちが私をスイスイと抜いていく。

「こんな屈辱はない」

そんな思いを胸にゴールに向かい私は歩き続けた。